身体は食べたオイルで出来ています2

短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸について 短鎖脂肪酸 バター、牛乳、お酢に含まれますが、ほとんどは体内にある、腸内細菌の発酵によって作られます。主な脂肪酸は、酪酸、酢酸、プロピオン酸、乳酸で、発酵に必要な成分は、難消化性でんぷん、非デンプン性の食物繊維、オリゴ糖です。 大腸の機能を高める働きがあり、肥満、糖尿病の予防につながります。 中鎖脂肪酸 バター、牛乳、ココナッ…

続きを読む

身体は食べたオイルで出来ています1

今まで、オリーブオイル、ココナッツオイル、アボカド、トランス脂肪酸について触れてきましたが、実はよく分かっていなかった部分があります。脂肪酸だけでまとめるとこんな感じでした。 ・飽和脂肪酸はエネルギーになる ・飽和脂肪酸でも中鎖脂肪酸は成人病の予防になる ・不飽和脂肪酸はコレステロールを抑制してくれる 疑問に思いながらも流してしまったのは、脂肪酸の種類がいくつあるのか、中…

続きを読む

トランス脂肪酸だけを気にしていませんか?

トランス脂肪酸とは トランス脂肪酸には、天然の食品に入っているものと、オイルを製造する過程でできてしまうものがあります。天然にあるものは、バターなどの乳製品や牛肉などで、製造段階でできるものは、マーガリンやショートニングなどと、それらを使用したケーキやお菓子にも入っています。 脂肪酸は人間の身体に必要なもので、バランス良くとるべきなのですが、トランス脂肪酸は、悪玉コレステロー…

続きを読む