【敏感肌】国産のミネラルパウダーファンデーション3選!とおすすめ下地

190905.jpg

なぜ敏感肌になるの?なぜ肌が荒れるの?

肌トラブルの原因は食べ物、ストレス、環境などがありますが、私は化粧品の影響も大きいと思っています。それは、化粧品には肌にとって良くないと言われる成分がたくさん使われているからです。

例えば、合成ポリマーの中には、毛穴を詰まらせたり、強力なクレンジングをを使わないと落とせないものがあります。

汗や皮脂に強いコスメ、落ちにくい口紅でメイクをすれば、強力なクレンジングを使って落とすことになりますよね。でも、クレンジングはメイクだけではなく肌に必要なタンパク質や脂質まで落としてしまうので、油分たっぷりのスキンケアで保湿をしなければ、乾燥肌や敏感肌になってしまうのです。そんなことを毎日続けていけば、肌がボロボロになるのは必然です。

また、水と油を混ぜるための乳化剤であり、クレンジング、洗顔料、シャンプーなどに使われる合成界面活性剤も、作用の強いものは肌に悪い影響を与えます。

なので、化粧品はトータルで考えていかなくてはいけないものです。メイク用品だけ代えても、スキンケアだけ代えても肌の状態は良くならないからです。


今回は、ミネラルパウダーファンデーションについてなのですが、肌にとってのメリットはたくさんあります!

・石けんや洗顔料でメイクが落とせるのでクレンジングがいらない
・軽い仕上がりで重ねて塗っても厚塗りにならない
・余計な皮脂を吸収してくれるのでメイクが崩れにくい
・肌に良くない成分を除外できる
・肌への負担が少ない
・素肌が綺麗になる
・酸化亜鉛、酸化チタンには日焼け止めの効果がある



【敏感肌】国産のミネラルパウダーファンデーション3選!


前置きが長くなってしまいましたが、現在私が使っている国産のミネラルパウダーファンデーションと、これから使ってみようと思っている国産のミネラルパウダーファンデーションを紹介します。海外の製品にも良いファンデがあるでしょうが、私はいつも国産押しです。



エトヴォス(ETVOS)マットスムースミネラルファンデーション
4g/SPF30/PA++/価格3,000円 /@コスメの評価☆5.1

エトヴォスのマットスムースミネラルファンデーションは、毛穴が目立たないセミマット仕上げ。粒子が細かいので肌への密着度が高く、パウダーが保湿コーティングされているので高い保湿力があります。SPF30 PA++は日常レベルの紫外線対策ができてすごくいいです。現在愛用中。

成分:マイカ、酸化亜鉛、シリカ、ラウロイルリシン、(+/-) 酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al、糖脂質
防腐剤、タルク、シリコン、香料、ワックス、合成着色料不使用。
酸化チタンはナノ粒子不使用でコーティングされています。




ヴァントルテ(VINTORTE)ミネラルシルクファンデーション
6g/SPF25/PA++/価格3,300円 /@コスメの評価☆4.8

ヴァントルテのミネラルシルクファンデーションは、天然ミネラルにピュアシルクパウダー配合で透明感が持続します。シルクは保湿力が高くて時間が経っても崩れにくいです。

成分:マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、シルク、水酸化Al、酸化鉄
ナノ粒子、タルク、パラベン、防腐剤、紫外線吸収剤、界面活性剤、アルコール、オイル、シリコン、香料不使用。
酸化チタンはナノ粒子不使用でコーティングされています。




レイチェルワイン(RachelWine)ミネラルファンデーション
4.5g/SPF27/PA+++/価格3,000円 /@コスメの評価☆5.4

肌トラブルは自然にカバーしてくれて軽い仕上がりです。パウダーが皮脂を吸収するので崩れにくく、汗をかいてもハンカチで押さえるだけでOK。カラー展開が豊富。

成分:マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Al
油分、アルコール、防腐剤、界面活性剤不使用。
酸化チタンはナノ粒子不使用でコーティングされています。



酸化チタンについて


酸化チタンはナノ化することで日焼け止めの効果が上がります。そのため、SPF50の化粧品にはナノ化した酸化チタンが配合されているかもしれません。ナノ化しても単独で存在するわけではないので肌に浸透することはないそうですが、ナノ化された酸化チタンを身体に吸い込むことは害があって良くないです。とくにパウダー状の化粧品は体内に吸い込む可能性がありますよね。なので、ナノ化していない酸化チタンが配合された化粧品を選んでください。

また、酸化チタンは光に当たると強い酸化が起こり、活性酵素が作られて肌を老化させます。よって、酸化チタンは水酸化Al、ステアリン酸、シリカなどでコーティング処理されたものを選びましょう。



ミネラルパウダーファンデーションの使い方


私はエトヴォスを使っているのですが、日焼け止めの使用をやめました。一日中外にいるときは使用することもありますが、日焼け止めとクレンジングが不要になり、その浮いた分で高価な美容液を購入!

さて、ミネラルパウダーファンデを塗る順番は、
洗顔→スキンケア→下地パウダー→ミネラルパウダーファンデ→仕上げパウダー。

ミネラルパウダーファンデーションはスキンケア直後の、べたっとしている肌には塗りにくいので、下地のパウダーを付けて肌をさらさらにするとムラになりません。下地を塗ることで肌がきれいに見えるだけではなく、素肌そのものが綺麗になっていきますよ。また、仕上げのパウダーとしても使えるので、ぜひ一緒に使ってください。


190905.jpg

ミネラルパウダーファンデーションの使い方とコツ

・お米一粒くらいの少量をフタに出して、ブラシでくるくるしながら付けます。
 一度に大量に付けると粉が舞うし、きれいに塗れません。

・ブラシに均一についているか確認したら、顔の中心からブラシをくるくるしながら外へ向かって塗っていきます。
 ブラシは少しだけ力を入れて塗ります。鼻や目の周りはトントンって感じで塗った方がきれいに付くかも。

・もう一度米粒くらい出して顔の中心部を重ね塗りします。
 パウダーファンデは毛穴は目立たなくなりますが、シミなどのカバー力はリキッドファンデと比べると低めです。コンシーラーを使うか、小さいブラシで重ね塗りをすればカバーできます。

私は下地が皮脂を吸ってくれるのでメイクが崩れることはないですが、化粧直しは余計な皮脂をティッシュで軽くオフしてからミネラルパウダーファンデーションを塗り足します。



おすすめの下地&仕上げ&素肌がきれいになるファンデ




エトヴォス(ETVOS)ナイトミネラルファンデーション
5g/価格2,500円 /@コスメの評価☆4.2

エトヴォスのナイトミネラルファンデーションは、付けたまま眠れるファンデです。自然なツヤも出ますが、カオリンが余分な皮脂を吸収してくれますし、ビタミンA、C、E配合で皮脂の酸化を抑えてくれます。保湿もできてエイジングケアまでできるし、メイクの下地と仕上げにもなるので、一押しです。

成分:マイカ、シリカ、カオリン、オリーブ果実油、リン酸アスコルビルMg、トコフェロール、ビタミンA油、酸化チタン
シリコン、紫外線吸収剤、界面活性剤、タルク、ナノ粒子、合成香料不使用。




トゥヴェール(TOUT VERT)シルクパウダー
30g/価格2,076円 /@コスメの評価☆5.5

トゥヴェールのシルクパウダーは、厳選された国産シルク100パーセントです。余分な皮脂を吸収してくれますし、18種類のアミノ酸は美容成分としても使われています。

成分:シルク



真面目にブログ書いたの何年ぶり?って感じですが、ファンデーションで悩んでいる方の参考になればいいなと思います。気になったファンデにはトライアルやサンプルが用意されているものもあります。お得なので、ぜひお試ししてみてください♪

この記事へのコメント