46の必須栄養素を摂るためには和食を推奨します!

170120.jpg


栄養バランスについて


この世界に安全な食べ物というものはありません。食品自体に、良い効果もあれば、悪い効果もあり、同じ食品を繰り返して食べ続けるということは、何かしらのリスクを伴います。食品のリスクを減らし、できるだけ安全に食べるためには、多くの食品をバランス良く食べることが、とても大切です。


和食を見直そう


バランス良くというのは、46種類の必須栄養素(ビタミン18種、ミネラル20種、必須アミノ酸8種)を摂ることです。昔は、1日30品目以上食べようと言われていましたが、それは病気のリスクを減らすためでした。

でも、46種類の必須栄養素を得るためには、多くの食材を用意することになります。30品目にこだわる必要はありませんが、何品もの料理を作って食べるためには、脂質の少ない和食が最適です。

栄養と和食と環境についての独り言

海外で良いとされる食べ物には、日本人の身体に合わないことがあります。流行に惑わされないようにしましょう。


栄養が偏ると健康を害す


サプリメントの効果を高めるなら、46の栄養素、全てを摂るべきです。栄養素には拮抗作用があり、単独で摂っても身体に吸収されないためです。

スーパーフード!ブルーグリーンアルジーは栄養の宝庫

ダイエットも、しっかりとした食事に切り替えた方が、スピーディーに痩せられます。なぜなら、量的には十分な食事を食べたつもりでも、足りない栄養素があれば、身体が栄養を求めてもっと食べたいと思うからです。我慢したり、お菓子で満たしたり、ジャンクフードのお店に行って、少しでもカロリーが低いメニューを選択していないで、和食を自炊しましょう。アメリカでは、貧困層ほど太っていて、栄養不足です。


まとめ


ところで、人の食べているものに、直接、ごちゃごちゃ言わない方がいいですよ。散々、ごちゃごちゃ言ってる奴がそれを言うのか…。(`・艸・´*)自分にとって必要でない情報というのは、その人の脳を素通りするどころか、とても嫌がられます。食の重要性というのは、身近な人や自分が病気になったときに、初めて考えるものなのかもしれません。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック