【スーパーフード】ファッロとフリーカは高栄養穀物!ネクストキヌアとは?

2016年のトレンド、ファッロとフリーカの紹介です。今後も、どれだけのスーパーフードが出てくるのでしょうか。

161210.jpg


Farro(ファッロ)について


ファッロは、パン用小麦の原種で、古代ローマでは主食だったものです。普通の小麦よりも栄養価が高く、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。もっちりとした弾力のある食感が特徴で、茹でてからサラダやスープに使用されます。




フリーカ(Freekeh)について


ネクストキヌアと称されるフリーカは、収穫前の青い小麦をローストした、アラブの古代食です。玄米の4倍、キヌアの2倍も食物繊維が豊富で、高タンパク、ビタミン、ミネラルを含んでいます。香ばしくてコクがあり、ファッロ同様、茹でてからサラダやスープに入れたり、リゾットにも使用されます。




まとめ


フリーカは、ローラの休日レシピ!「アボチキサラダ」に登場していました。ローラの料理は、健康的で見た目もかわいく、真似したくなりますね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック