【合成甘味料】なぜ食品添加物を使うのか

1605311.jpg


太りたくない!でも食べたい!

「甘い物は食べたいけれど低カロリーがいい」そんな要望に答えてできたのが、合成甘味料です。砂糖の何百から何万倍も甘いのに、カロリーがかなり低いのが特徴です。

砂糖不使用、シュガーレス、ノンシュガーの食品がありますが、これらは砂糖を使用していないだけで、甘味料は使われています。

食品100mlあたり0.5g未満の使用であれば、シュガーレスなどの表示が可能だからです。少量でも甘みを補える甘味料であれば、基準を満たすことができ、シュガーレスなのに甘い食品ができあがるのです。

カロリーゼロの食品も、100mlあたり5kcal未満の使用であれば、ゼロの表示が可能です。ゼロだからと食べ過ぎると、凄い量の糖分を摂ることになりかねません。


人工甘味料と合成甘味料の違い

人工甘味料とは、天然に存在するものから人工的に成分を取り出した、ステビアやキシリトールなどの既存添加物です。

合成甘味料(高甘味度甘味料)とは、食品には存在しない成分を、人工的に合成した食品添加物です。

ほとんどの加工食品は、合成甘味料を何種類もブレンドして使います。それれぞ違う特徴があって、混ぜて使うことにより、強い甘みを出すことができるからです。


使用されている合成甘味料

サッカリン      :砂糖の300から400倍の甘み
アスパルテーム    :砂糖の100から200倍の甘み
アセスルファムカリウム:砂糖の200倍の甘み やや苦味もある
スクラロース     :砂糖の600倍の甘み
ネオテーム      :砂糖の7000から13000倍の甘み
アドバンテーム    :砂糖の14000から48000倍の甘み

合成甘味料は耐糖能障害が起きやすく、糖尿病のリスクが高まります。腎臓機能の低下、うつ病、脳障害、心疾患、生殖機能の低下なども危惧されています。


なぜ甘味料を使うのか

低カロリーなうえに、少量で甘みを出すことができ、コストが抑えられるからです。
なくていいものだと思います。


甘味料を避けるには

加工食品を避ける
ラベルの表示を確認する
オーガニックの食品を買う


まとめ

甘いからカロリーが高い、カロリーが高いから太る、というわけではありません。人間の身体は、カロリーがなくても甘味料に反応します。

合成甘味料が含まれた食品を食べれば、膵臓からインシュリンが分泌され、血糖値が上がって太りやすくなるのです。合成甘味料は、消化、排出がされにくく依存度があるため、砂糖よりも厄介であるといえます。

そんなにシビアになることもありませんが、リスクを考えて購入しましょう。

スポンサーリンク



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック